脱毛の知識

脱毛サロンの勧誘の実態!断り方のコツ教えます。

投稿日:

脱毛サロンの口コミを見ていると

・勧誘がしつこかった

・強引な勧誘があってウンザリ…

という不満の声をたびたび目にしますよね。

「サロンに行きたいけれど、しつこい勧誘があるのはイヤだな…」と足が遠のいている方もいるのでは?

そこで今回は、脱毛サロンの勧誘の実態や、断り方のコツについてご紹介します。

■脱毛サロン、勧誘の実態とは?

サロンやスタッフによって、勧誘のしつこさには差があります。

中には「勧誘はしない」と謳っているサロンもありますが、

・コース案内

・プランの紹介

などという形で、勧誘は少なからずあるのが実態です。

「おすすめ」といった形での紹介だけで、あっさりしているサロンもあります。

しかし、サロンによってはしつこい勧誘があって、

・脱毛についての話だけ聞くつもりが、1時間以上しつこく勧誘された

・ワキ脱毛だけのつもりだったのに、他の部位のキャンペーンについてゴリ押しされ、断り切れずに追加契約してしまった

・化粧品など様々な商品を強引にオススメされ、購入してしまった

というケースも珍しくないようです。

勧誘のタイミングもさまざまで、

・カウンセリング時

・施術中

・施術後

などがあります。

施術中は、施術自体の時間が長くても数十分くらいなので、適当にはぐらかせば大丈夫かもしれません。

しかし、カウンセリングや施術後は、長い時間つかまってしまうことも考えられるので、上手なかわし方/断り方を身につけておくことが大切です。

■脱毛サロンの勧誘を断る7つのコツ!

(1)カウンセリングシートには「無職」「専業主婦」と書こう!

サロンでの脱毛の前には、必ずカウンセリングがあります。

その際のシート記入で、予防線を張っておく方法です。

カウンセリングシートの職業欄には「無職」や「専業主婦」と書くのがおすすめです。

たとえ、あなたが実際は「会社員」だったとしても、です。

なぜかというと「無職」や「専業主婦」の人は、なかなかお金も使えないし、ローンも組めないことをサロン側は分かっているからです。

「お金がない、ローンが組めない人に対して高額なメニューを薦めても、契約につながらない可能性が高い」

とサロン側は考えるため、勧誘自体が緩くなる傾向にあります。

(2)「以前行ったサロンの勧誘が嫌だった」と話そう!

カウンセリングの際、

「以前、別のサロンに行きましたが、勧誘がしつこくて嫌でした。そこで契約はせず、今回このサロンの体験脱毛を受けに来ました」

と話しましょう。

勧誘がイヤで契約を結ばなかった経験があるお客さんに対して、しつこく勧誘しようとは普通思いませんよね。

そのため、このように話しておけば、勧誘されることはほぼ無くなるはずです。

(3)「自分だけでは契約できない」事情を伝えよう!

サロンによっては、その場で強引に契約を進めようとするケースもあります。

特に、格安キャンペーンを使ってお試し施術を受けた場合などは、脈ありの客だと判断され、カウンセリングの際にしつこく勧誘される可能性が高いです。

もし「その場で契約するのはちょっと…」と思った際には、良い振り切り方があります。

それは、

自分では決めることができない

自分だけでは契約できない

という事情を話すことです。

・母親がお金を出してくれるので、母に相談してからでないと契約できない

・旦那に相談してからでないと、怒られてしまう

などの事情を話せば、「これ以上勧誘するのは難しい」とサロンスタッフも引き下がるはずです。

このほかにも、いざとなったときにどう断るか、事前にいろいろ考えておくのがおすすめです。

中には、それでもしつこく勧誘をしてくるサロンもあります。

しかしこういったサロンは、仮に契約したとしても、

その後もケア用品・化粧品などを売り込んできたり、追加契約をしつこくすすめてきたり…という可能性が考えられます。

こういったサロンは、絶対に契約しないほうがいい、という判断基準にもなります。

(4)興味がない態度をつらぬく!

カウンセリング中には、コースの説明や化粧品の説明などがあります。

もし、具体的な契約はまだ考えていないのであれば、興味がない態度をつらぬくようにしましょう。

少しでも興味がある態度がスタッフに伝わってしまうと、丁寧で長い説明が始まってしまい、断りづらくなってしまいます。

(5)「時間がない」ことを伝えよう!

カウンセリング時や施術後は、長時間かけての勧誘につかまってしまうケースも考えられます。

それを防ぐために有効なのが「時間がない」ことを伝える方法です。

・この後予定がある

・○○時に約束がある

というのを話しておくといいでしょう。

また、携帯を活用する方法もあります。

着替えやお手洗いに行ったタイミングで携帯のアラームを適宜セットしておきましょう。

(カウンセリングを切り上げたい時間、施術後ぴったりの時間などがおすすめ)

そして、携帯が鳴った際に画面を確認し、

「友達から連絡がきた」

「すぐに行かなきゃいけない予定が入った」

と言って、勧誘される前にさっさと切り上げてしまう理由をつくりましょう。

(6)断るときはきっぱりとした言い方で!

親切に説明されたからと言って、契約しなければならないというわけでは全くありません。

契約したくなければ、断っていいのです。

また、そもそもサロンの多くは「勧誘が無い」というのをホームページなどで謳っています。

にもかかわらず勧誘がしつこいというのは問題なので、こちらも強気な態度で臨んで大丈夫です。

断るときは、きっぱりと明確に拒否しましょう。

「考えておく」「検討する」などの曖昧な言葉だと、その後も勧誘されてしまう恐れが考えられます。

(7)断るのが苦手な人は、友達や家族と一緒に行こう!

自分で断るのはどうしても苦手…という方もいるでしょう。

そういった場合は、友達や家族と一緒にサロンへ行きましょう。

事前に同行者と

・勧誘があったら、ちゃんと断る

・契約についてはその場でせずに、家で考えたい

など、相談をしておきましょう。

相談をしたうえで一緒にカウンセリングを受ければ、その場の雰囲気にも流されにくいでしょう。

一人で行くよりも、勧誘も断りやすいはずです。

■それでもしつこく勧誘されたら

ここまで、勧誘に対する断り方のコツをご紹介しましたが、サロンの中には「断ってきた客に対してどう推し進めるか」のマニュアルがあるところもあります。

例えば「お金がない」というのを理由にして断ったとしても、「金銭的理由で断る客への対応方法」がマニュアル化されていて、しつこく勧誘される、というケースも実際にあります。

「その場でのお金がないなら、ローンを組めばいい」など話を進めてきて、強引にローン契約を結ばされてしまうこともあるのです。

万が一、断り切れずに契約してしまった場合は、クーリングオフ制度を利用しましょう。

これは

・契約から8日以内

・契約金額が5万円以上

・契約期間が1カ月以上

という条件を満たせば、契約を解除できる、という制度です。

また、強引な勧誘によって高額な契約をしてしまった場合は、専門家に相談することをおすすめします。

消費生活センターの電話窓口など、相談できる機関はいろいろあります。

一人で悩まず、専門家の力を借りるようにしましょう。

 

人気記事

1

今月(2018年11月)のキャンペーン情報を脱毛サロン・クリニック別に分かりやすく紹介します。 9月も終わり、本格的に秋らしくなってきましたね。 涼しくなってくると、脱毛サロンの予約も取りやすくなって ...

2

★脱毛サロンランキング~口コミ集計ランキング発表~ 脱毛で一番重視されるポイントは、脱毛箇所と料金。 脱毛といえば「ワキ」からというくらいワキ脱毛が人気でしたが、 最近では全身脱毛の料金もひと昔前より ...

3

脱毛サロンに通おうか迷っている人にとって、脱毛サロン経験者の感想が一番参考になると思います。 この記事では、脱毛サロン又はクリニックなどの医療機関で脱毛を経験した172人の方へ、 ・脱毛サロンに(クリ ...

VIO脱毛 4

  脱毛サロンやクリニックに通う女性の中で、特に人気の脱毛部位が「VIOゾーン」です。 「VIOの脱毛をやってみたい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。 でも、デリケートな部分の悩 ...

5

圧倒的サロン数と知名度を誇るミュゼプラチナム! ワキ+Vラインが100円など、驚きの価格で脱毛ができる事で有名ですが、 ミュゼの脱毛は効果があるのか? 本当に100円で済むのか? 友達に相談されたらお ...

-脱毛の知識
-

Copyright© 全身脱毛0326 , 2019 All Rights Reserved.