脱毛の知識

水着を着る際の脱毛処理は背中とお腹を忘れずに!

更新日:

水着 脱毛

いよいよ夏本番!

海やプールなど、夏のレジャーに出かける方も多いのでは?

しかし、そんなときの女子の悩みが「水着姿に備えてのムダ毛処理」ですよね。

そこで今回は、より完璧な水着姿に仕上げるコツや、肌ケア対策についてまとめました!

1.水着のためのムダ毛処理、注意すべき部位2つ

水着をキレイに着こなすには、全身くまなくムダ毛処理をすることが必要。

少しでもムダ毛があると、一気に台無しになってしまうので、気が抜けません。

Vラインと脚のムダ毛処理はみんな意識すると思うんですけど、

意外と忘れがちな、ムダ毛処理で特に注意すべき部位を2つご紹介します。

お手入れのコツも合わせて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

(1)背中

背中は、自分の目から見えない場所。

肌や毛の状態を、自分では確認できませんよね。

背中は汗をかきやすく、蒸れやすいので、乾燥やニキビなど、肌荒れしやすい部分でもあります。

また、気づかないうちに産毛がたくさん生えてしまって、残念な背中になっていることも…。

こんな厄介な部位ですが、水着姿の時には一番目立つ部分ですよね。

だから、きちんとお手入れしておくことが大切なのです。

お手入れのコツは、ムダ毛処理の前にまずは肌状態を良くしておくことです。

できるだけ早い段階から始めておくのが好ましいでしょう。

ボディーソープやシャンプー、コンディショナーが残ると、肌トラブルの原因になります。

しっかりと洗い流して、お風呂のあとはしっかり保湿をしましょう。

肌にやさしい低刺激のスキンケア用品を選んで、一日数回ケアするのがベストです。

肌が整ってから、いよいよムダ毛処理です。

一番おすすめなのは、サロンで脱毛をすること。

プロに任せることで、産毛の無い美肌を目指すことができます。

サロンによっては、肌ケアも贅沢に行ってくれるので、脱毛&美容効果の一石二鳥が得られます。

脱毛サロンに通う時間なんてないよ!という方には、電気シェーバーがおすすめ。

(関連記事:脱毛の自己処理でおすすめの女性用電気シェーバー

ただ、1人で処理するのはなかなか難しいので、家族や友達など、誰かに頼んでやってもらうのがおすすめです。

もしくは、自己処理をしたあとに、他の人にチェックしてもらう方法も良いでしょう。

(2)お腹

お腹は毛が生えていないと思い込んでいませんか?

しかし、よくよく見るとムダ毛が生えている、うっかり見落としがちな部位なのです。

おへその下やみぞおちのラインは、特にムダ毛が生えやすい場所です。

また、食生活やホルモンバランス、年齢などによって

今まで生えていなかったのに、気づいたら生えていた!

ということも多いので、しっかりチェックしておきましょう。

一番良いのは脱毛をしておくことですが、応急措置としては電動シェーバーが便利。

ペン程度の大きさのコンパクトなシェーバーも売られているので、

夏場はポーチに入れておくと緊急事態にも対応できて安心ですよ!

2.ムダ毛の心配をなくすには、賢い水着選びもポイント!

水着といえばビキニ!と思う方は多いでしょう。

確かに、ダイエットの結果も生かせるステキなスタイルですが、

露出が多くムダ毛処理の悩みも山積みになるデザインでもあります。

せっかく楽しいレジャーなのに、あれこれ悩みたくない!

という方は、ムダ毛が気にならないデザインの水着を選ぶのも1つの方法です。

例えば、ハイネックのものや背中がカバーできるワンピースタイプのものを選べば、背中を隠すことができます。

背中のムダ毛処理は特に難しいので、その処理で悩むことがなくて済みます。

肌が隠れるので、日焼けが心配な人や肌が弱い人にもオススメの水着です。

また、少し丈のあるボトムのものを選べば、Vゾーンのムダ毛の心配もありません。

スポーティーものの他にも、フリルやリボンが付いたガーリーなものもたくさん売られています。

いまや、水着の選択肢はビキニだけではありません。

ネット通販を使えば、国内外のさまざまな水着を手軽にゲットできるので、いろいろ吟味してみるのがおすすめですよ!

楽しいお出かけを全力で楽しむためにも、ムダ毛の悩みにとらわれなくていい賢い水着選びをするのも、ポイントです。

3.脱毛中の人は要注意!水着になるときの肌ケア

脱毛に通っている最中の方は、夏のお出かけは要注意。

特に、肌を露出する水着でのレジャーには、注意すべきポイントがいっぱいです。

(1)日焼け対策は万全に!

脱毛に通っている方は、絶対に日焼けNGです。

肌の色が濃くなると、脱毛効果が薄れたり、最悪の場合肌トラブルにも繋がったりもしてしまうからです。

まずは、UVカット素材の水着を選ぶのがポイントです。

そして、水に強いウォータープルーフの日焼け止めを身体の隅々まで塗って、しっかり準備しましょう。

水着で隠れている部分も、生地や色によっては日焼けしてしまう場合があります。

水着で隠れる部分にも日焼け止めをつけておくと間違いないでしょう。

こまめに日焼け止めを塗りなおすのも、忘れないようにしてくださいね。

これだけ対策したとしても、水着姿で長時間外にいるのはあまりおすすめできません。

日焼け止めを塗っていても、夏の太陽はかなり強いです。

知らず知らずに肌は徐々に焼けてしまいます。

外にいるのはできるだけ短い時間で済ませるよう心がけましょう。

(2)脱毛の直前・直後の海やプールは避けよう!

脱毛の直前・直後は、肌を万全な状態に整えておくべきです。

このようなタイミングで海やプールに行くのは避けましょう。

肌トラブル回避のためにも、これは守りましょう。

(3)少量のムダ毛が気になっても、絶対に抜かないこと!

脱毛して毛が減ってくると、毛を抜きたい気持ちに駆られると思います。

特に、水着でお出かけした時、少しのムダ毛が気になったら、抜いてしまいたくなるかもしれませんね。

しかし、それはタブーです!

脱毛は毛の周期に合わせて施術しているので、抜いてしまうと効果がなくなってしまいます。

抜きたい気持ちはグッとおさえて、もしムダ毛が気になるようであれば電動シェーバーで処理しましょう。

人気記事

1

今月(2019年4月)のキャンペーン情報を脱毛サロン・クリニック別に分かりやすく紹介します。 2019年も冬が終わり、あたたかい季節になってきましたね。 寒いいまこそ、脱毛サロンの予約も取りやすくなっ ...

2

★脱毛サロンランキング~口コミ集計ランキング発表~ 脱毛で一番重視されるポイントは、脱毛箇所と料金。 脱毛といえば「ワキ」からというくらいワキ脱毛が人気でしたが、 最近では全身脱毛の料金もひと昔前より ...

3

脱毛サロンに通おうか迷っている人にとって、脱毛サロン経験者の感想が一番参考になると思います。 この記事では、脱毛サロン又はクリニックなどの医療機関で脱毛を経験した172人の方へ、 ・脱毛サロンに(クリ ...

VIO脱毛 4

  脱毛サロンやクリニックに通う女性の中で、特に人気の脱毛部位が「VIOゾーン」です。 「VIOの脱毛をやってみたい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。 でも、デリケートな部分の悩 ...

5

圧倒的サロン数と知名度を誇るミュゼプラチナム! ワキ+Vラインが100円など、驚きの価格で脱毛ができる事で有名ですが、 ミュゼの脱毛は効果があるのか? 本当に100円で済むのか? 友達に相談されたらお ...

-脱毛の知識
-,

Copyright© 全身脱毛0326 , 2019 All Rights Reserved.